爪の悩み関連

爪の悩み関連

にごり爪など爪の悩み関連についてです。

爪の悩み関連記事一覧

にごり爪という言葉ってあまり聞きなれないと思いませんか?普通のものなら、男性の足にある痒いみたいなイメージで、塗り薬で治療すると思います。実はこれが爪にまできてしてしまっているのがにごり爪なのです。治療は普通のよりやっかいだと思ってください。爪には神経がないために痒くありません。つまり、ひどくなって変色して、ぼろぼろ崩れてきて、痛みが出てくるようになって始めて気づいて治療する人も多いのです。にごり...

にごり爪の症状があらわれてくると、爪が変形したり、盛り上がってきたり、靴が履きにくくなるぐらい凹凸ができたりします。そんなにごり爪の爪を削るのは大丈夫なのだろうか?というか、削る以外靴をはく方法がない!と思っている人がいますが、回答はOKなのです。なぜなら、にごり爪は爪の中に原因が入り込んでしまっていますので、その爪を物理的に切ったり削ることで取れます。ただ、粉が舞い、原因が家の中にばらまかれない...

にごり爪ではないかと自分の足の爪の変色や変形を見て皮膚科に行ってみたものの、検査をしたら陰性だったという場合もあります。つまり、爪を少量切り取るか、やすりでけずったものを顕微鏡で検査して原因がいたら陽性ですが、にごり爪にいるはずのものが検査で見つからずに陰性となってしまったら、他の病院でなぜ爪の変色や変形があるのか、本当に検査で陰性を示しているのか、検査してもらった方がいいと思います。なぜなら、自...

個人輸入できるにごり爪の薬があると知っていましたか?日本の薬事法はとても厳しく、一回の使用量も他の国に比べると少なかったりして、海外品の方が多いから効き目が早い薬があるのは確かです。だから、円高?の今、個人輸入できるにごり爪の薬があるのなら、日本でわざわざ希釈されたような薬を高い値段で購入するよりお得なのでは?と考えたことがあるかもしれません。ちなみに個人輸入ですが、購入者自身が直接外国の通販サイ...

にごり爪、男性ならまだしも、女性は夏になったらサンダルやミュールに浴衣姿を楽しみたいですよね。そこでにごり爪で変色、変形、ボロボロの爪ってちょっとありえないと思いませんか?女性本人ももちろん隠したいと思っているはずです。そこで、にごり爪で大変なことになっている爪を何とか隠したいと思っている女性のために、方法をご紹介します。ネイルするだけではにごり爪は隠せないですよね。爪変形もあったり、凹凸があった...

にごり爪になっている人で、なかなか治らない、病院に行くと治療費も時間もかかるから、なるべくなら家で市販薬で治したいと思っている人も多いと思います。にごり爪に有効なアロマオイルがあります。それがハーブエッセンシャルオイルのティーツリー精油です。このハーブエッセンシャルオイルなら、市販薬にも配合されているほど、にごり爪に有効とされています。ティーツリーとは、フトモモ科メラルーカ属の常緑植物の名称です。...

にごり爪はかゆくないので重症化しやすいというのはご存知でしたか?重症化しやすいだけではなく、かゆくないから、完治したかどうかもわからず、再発の可能性も高いというのが問題です。では、にごり爪の治療を始めて爪はきれいになったけれど、一つ残らず退治(完治)できたかどうかはどうやったらわかるのでしょうか?せっかく時間をかけてにごり爪を治し、きれいな爪になったけれど、もし奥の方に、皮膚の方に残っていて、完治...

にごり爪はカビの一種にうつって発症する病気ですが、力についてはそんなに強くないことがわかっています。一度なると完治が大変なだけで、にごり爪になるための爪への力はたいしたことないのがわかっています。では、力とはどの程度なのか、にごり爪になるにはどういう状況なのかを詳しく説明したいと思います。え!?って思っている人が多いそうですが、実はうつる力自体はそこまで強くありません。風邪みたいに空気感染すること...

にごり爪を予防したいなら、たくさんの方法がありますが、その前にうつる経路を確認しておきましょう。原因は実はどこにでもいるそうなのです。靴の中やバスマットだけではないそうです。でも、床に落ちている確率が高いために、足や爪にうつることが多く、にごり爪になるそうです。だから予防なら足元からというのを覚えておいてくださいね。つまり、足を清潔に保っていれば、なりにくいということですね。カビはそんな自力では上...

現在にごり爪の治療を続けている人、病院に通っている人は、なぜこんな簡単にうつる病気を知らなかったのだろう。にごり爪を甘くみていた。もっと情報源を知っていたら違っていたかもしれないと嘆いているかも知れません。でも、治療をしている人はまだいいのです。悪化に向かってないのですから、それよりも、にごり爪について知識のない人が原因も知らず、なっているかもしれないのに、家の中で原因をばらまいているかも知れない...

皆さんotcってご存知ですか?これは英語の短縮形なのですが、「over the counter」 といって、カウンター越し、つまり窓口で買える薬のことなのです。市販薬ですね。このotcという言葉が日本で浸透しているかどうかは不明ですが、にごり爪のotc薬ももちろんあります。でも、そのほとんどがにごり爪用ではなく、足用なのです。だったらいいじゃないと思う人は甘いです。にごり爪は皮膚にできているので、...

にごり爪に効く漢方もあるそうです。昔は日本でもドクダミ草を近所で採取して、それを切り刻んで足に貼っていたりしたそうです。でも、にごり爪は外用薬の場合、爪に浸透しなければいけないために、ドクダミ草はちょっと難しそうですね。にごり爪も、ご存知の通りカビが爪や皮膚に寄生して起こります。漢方でも、効果のあるものがあるようです。例えば「竜胆瀉肝湯、十味敗毒湯、消風散、温清飲、清営顆粒、八仙丸、補中丸」です。...

にごり爪に効くカビキラーとしてネットに体験談のようなものがたくさんあがっていますが、なんとなく失敗?間違えた?というような文言が目立ちます。確かににごり爪はカビの一種ですから、カビキラー(カビを殺す人・物)という直訳でも間違っていませんし、カビキラーは家の中のカビをきれいに死滅してくれます。確かに、『カビキラー』や『キッチンハイター』の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌してくれます。というわ...

にごり爪とは、カビの一種が皮膚に感染することで起こる皮膚疾患です。”足の悩み” と聞くと、「足の指の間」にかゆい症状が出ると思われがちですが、実は皮膚があるところならどこでも発症します。だから、にごり爪もあるのです。ただし、にごり爪はかゆくありません。かゆいのは神経のあるところだけで、爪のような固いところは神経が通っていないからです。それでもかゆいなら、それは皮膚にもうつっている可能性があります。...

にごり爪を自分で把握し、そしてにごり爪を自分で治すということを考えた人がいるようです。なぜなら、最近では、にごり爪患者さんの中にも、肝臓に負担のかかる内服治療を避ける傾向が強く、できるだけ副作用のない、安全で安心な方法で治したい(できれば自分で治す)と願っているのではないでしょうか。そこで、そのにごり爪を自分で治す成功体験をご紹介しますが、かなりストイックなことになりますので、覚悟してくださいね。...

にごり爪になる人はだいたい普通のを放っておいた人に多いとされます。でも、病院に行って治療するのは怖い、市販薬でなんとかならないのかなと思う人も多いと思います。でも、市販薬はまずにごり爪への効果はかなり弱いと思っていいと思います。にごり爪は市販薬の中でもにごり爪専用の薬を購入しなければなりません。なぜなら、爪に浸透しない薬を塗っても、表面にいるカビの一種がなくなるだけで、にごり爪そのものは完治しませ...

にごり爪になった人も、今治療中の人も、一度完治したら二度としたくないと思うものです。だから、にごり爪が効果的に治療できるように、また他の指にうつったりしないような効果的な手段があるのかどうかをチェックしました。いずれにせよ、にごり爪の原因となるものがどのように足にうつるのかが理解できれば、効果的なにごり爪の効果的な防止方法はおのずとみえてきます。まず、にごり爪の原因となるのは、どこにでもいるそうで...

(にごり爪と足)足の裏や指の間に発症するものというイメージが浮かびますが、爪にもなる場合があり、それをにごり爪と呼びます。最近市販されている薬は、性能の高い商品が多く、足への働きかけには期待できますが、にごり爪への効果は難しいという点があります。その理由には、爪の中にいるものに対して薬を塗っても、硬くて厚いタンパク質で出来た爪が壁となってしまい、薬が患部に届かないからです。(にごり爪の対処方法)通...

高校生でもにごり爪になりますと書いたのは、にごり爪のほとんどが高齢者だというデータが揃っているのと、女性がブーツとタイツを着用するようになってから、若い女性にもにごり爪が拡がっているというのが一般的な認識だからです。ただ、高校生で部活をしている人、裸足で体育館で部活をしている高校生(剣道や柔道など)は当然足が直接床についているわけですから、高校生でも、当然のごとくにごり爪)になりやすくなります。原...