クリアネイルショットの塗り方のコツ

クリアネイルショットの塗り方のコツ

クリアネイルショットは爪水虫の対策ジェルというのはご存知ですか?どの塗り薬でもクリアネイルショットでも、塗り方によって効果に差が出ることが多いのです。

 

一番コストパフォーマンスが高いクリアネイルショットの塗り方のコツを極めてみませんか?1か月7gですから、きちんとした塗り方をマスターして、最大限の効果がでたら、クリアネイルショットも1か月1本でちょうどなくなり、爪水虫も段々良くなっていくと思いませんか?

 

日本人の10人に1人がなっていると言われている爪水虫。爪表面がガサガサ・ゴワゴワになって非常に醜い状態になって悩んでいる人も多いです。
そんな爪水虫を改善する商品が「クリアネイルショット」。

 

いままでの商品にはない浸透力特化型の爪用ケア製品で非常に人気となっています。ここではクリアネイルの正しい使い方をお伝えし、効果をより実感するためのコツをご紹介します。

 

クリアネイルショットは1日1回、入浴後もしくは足全体をきれいに洗った清潔な状態の爪に優しくなじませるようにして塗りましょう。付け方としては、手に取ってから爪に塗っても直接爪に塗ってもどちらでもOKです。

 

クリアネイルショットを乗せたら手でなじませながらムラなく塗ります。塗り終わったあとは手に匂いがついているため、石鹸などでしっかり洗いましょう。

 

ポイントは、塗布する際に、容器の先端部分が爪や皮膚につかないように乗せるようにすることです。それによって、容器内に爪水虫の原因である白癬菌やその他雑菌が入ってしまうのを防ぐことができます。

 

もし、爪や皮膚についてしまうという人は綿棒やコットンなどで一旦取ってから塗るようにするといいでしょう。
親指に塗る場合は直径5mm程度の円、その他の爪に塗る場合は直径3mm程度の円が目安です。入浴後すぐに塗るのがベストです。

 

なぜなら、入浴後には爪が柔らかくなっているので、その状態のときに塗るとより成分が爪に浸透しやすくなります。
そのため入浴後はすぐに化粧水などで肌を整えるよりも先にクリアネイルショットを塗るようにしましょう。

 

クリアネイルショットを塗る際は、足についた水分はきれいに拭き取るようにしましょう。そうしないと浸透力が低下してしまいます。クリアネイルショットを爪全体にだけ塗りがちですがそれだけでは根本的な改善にはなりません。

 

爪の生え際や爪と皮膚の間もしっかりなじませることで菌を入りにくくしましょう。そして、しっかり乾燥させることです。白癬菌はカビの一種ですから湿気が大好きなのです。

 

爪水虫はジメジメした湿気の多い環境が大好物のため、塗ったあとは完全に乾かすようにしましょう。普段の生活でも出来る限り素足でいるようにして、足の爪が風通しの良い状態を作るようにするとより実感しやすくなります。是非お試しくださいね。

 

⇒クリアネイルショットの公式サイトはこちら