個人輸入できる爪の薬

個人輸入できる爪の薬

個人輸入できる爪水虫の薬があると知っていましたか?日本の薬事法はとても厳しく、一回の使用量も他の国に比べると少なかったりして、海外品の方が有効成分が多いから効き目が早い薬があるのは確かです。

 

だから、円高?の今、個人輸入できる爪水虫の薬があるのなら、日本でわざわざ希釈されたような薬を高い値段で購入するよりお得なのでは?
と考えたことがあるかもしれません。ちなみに個人輸入ですが、購入者自身が直接外国の通販サイトから注文する方法(これは爪水虫の薬に輸入税がかかるかもしれません。

 

日本郵便から配達されるまでいくらかは不明です。)次に輸入代行業者を通じて海外品を購入する場合です。これは業者が間に入っていますので、個人輸入とはいえないかもしれません。

 

通関や輸入税などの諸経費込みの価格で販売していると思います。英語が苦手、ひょっとしてトラブルがおこった時にクレームなどの言葉が心配であれば、代行者から購入することをおすすめします。

 

ちなみに「オオサカ堂」や「アイドラッグマート」「くすりの宅配便」などが有名で多くの薬を取り扱っています。いくつか懸念があります。
一つ目は爪水虫の完治には時間がかかります。約半年〜1年です。この分をまとめて払って一度に輸入するのか、毎月輸入するのかですが、まとめて輸入した方が、手間がかかりませんよね。

 

あとは毎月輸入するといっても、到着日がはっきり指定できませんので、治療期間の間が空いてしまうことがあります。
毎日継続して治療をすべきところが、間があくと、また白癬菌の増殖につながります。もう一つは、本当にその薬が自分の爪水虫に有効なのかどうかです。

 

ちゃんと病院で検査をして処方箋をもらったら、その薬を個人輸入すればいいと思いますが、自己判断で爪水虫と断定して、薬を個人輸入するのは、やめておきましょう。

 

個人輸入するメリットで一番大きいのが、日本で販売されていない爪専用の水虫薬を購入できることです。
つまり、病院の処方箋がなくても、白癬菌に有効な抗真菌薬か天然成分の抗真菌剤を入手することができるところでしょうか。

 

ただ、何か不都合があってもクレームする会社は海外となりますので、自己責任ですべてコストを抑える、日本で売っていない薬を入手するなど自覚しておいた方がいいと思います。

 

価格差がそんなにないものであれば、日本製品の方が品質も万全で、何かあっても訴える場所があります。

 

また病院に行った時に、こういう薬を使っていたと言えますが、個人で自己判断のもとに購入した薬を使っているのを日本の病院に持って行って、これを使っていたらこう(悪化しました)なりました。と訴えることができるでしょうか?

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら