介護職で爪水虫になった自分

介護職で爪水虫になった自分

私は介護の仕事をしています。高齢者施設で働いているのですがお風呂の介助とかするときは素足でいるときが多い仕事です。

 

あるときに、両足の足の親指の爪が白くなっていました。気にせずに仕事を毎日のように続けているとやがて親指の爪が白く濁って酷くなっていました。同僚がそれは爪水虫だよと教えてくれたのでビックリしました。

 

爪に水虫なんてできるのと思わず同僚にいうと爪にも水虫ができるらしいのです。そのうちに爪がだんだん分厚くなってきました。とてもじゃありませんが爪切りでは分厚くて切れない状態まで悪化したのです。それでも楽天的な自分はそれを放置していました。

 

すると今度は巻き爪になりました。歩いていて痛みが尋常ではありません。ちょっと荒技ですがあまりにも痛いのでツメをニッパーで切るようになりました。やがて人前で爪をさらすのが恥ずかしくなりました。たまりかねた私は皮膚科に駆け込みました。

 

医師がどうしてここまで放置しておいたのかと言われて恥ずかしい思いをしました。ずばり爪水虫と診断されたのです。飲み薬を処方されて服用しました。そのおかげですっかりとよくなりました。もっと早く爪水虫が悪化する前に病院に行っていればと後悔しています。

 

 

爪水虫、恥ずかしがらずに相談を

小学生の頃に父親からうつされた「水虫」に悩まされ、それでも恥ずかしくて誰にも言えずに放置していた結果、18歳の頃から足の爪までおかしくなってきました。

 

左足中指と薬指の爪がぶ厚くなり、爪を切るのも一苦労で、ネイルなんてとんでもない!という状態でした。

 

20代になり、思い切って皮膚科に行きました。今まで父親の使っていたような塗り薬しか無いと思っていたのですが、病院では飲み薬を処方されました。

 

先生に「完治までに半年くらいかかるかもしれません。根気よく治していきましょう。」と言われ、そんなに時間のかかるものなのだと知りました。しかし、3カ月薬を飲み続けても全く良くなりませんでした。先生に「一回薬をやめてみましょう」と言われ、もしかしたら治らないのかなと落ち込み…そして1カ月後薬を再開しました。

 

そしてそこから2カ月間、根気よく薬を飲み続け、やっときれいな爪が生え始めました。

 

分厚かった爪も無くなり、ネイルも出来るようになり、夏も堂々とサンダルを履く事が出来るようになりました。もっと早く皮膚科に行っていれば、適切な薬を使っていれば、爪まで水虫になる事は無かったのです。

 

今爪水虫で悩んでる人、恥ずかしいからといって放置しないで、病院または薬局の薬剤師さんに相談してみてください。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら