爪水虫の感染力って大したことない

爪水虫の感染力って大したことない

爪水虫は白癬菌というカビの一種に感染して発症する病気ですが、感染力についてはそんなに強くないことがわかっています。
一度感染すると完治が大変なだけで、白癬菌が爪水虫になるための爪への感染力はたいしたことないのがわかっています。

 

では、白癬菌の感染力とはどの程度なのか、爪水虫になるにはどういう状況なのかを詳しく説明したいと思います。
「水虫菌(白癬菌)って感染力が強いのだな」って思っている人が多いそうですが、実は感染力自体はそこまで強くありません。
風邪菌みたいに空気感染することもなく、水虫・爪水虫の人の患部を触った瞬間にうつる訳でもありません。

 

白癬菌は洗い流すことができますので、お風呂の中でうつることは考えづらいです。
ただ、お風呂から出た際の足拭きマットは、家族に水虫の人がいるなら共用することは避けてください。
また、洗い流すことが出来るので洗濯物は一緒でも、そこから白癬菌に感染することもありません。

 

白癬菌の感染力は強くありませんが、弱くもないというか、そこら中に白癬菌は落ちていると考えた方がいいと思います。
だから、白癬菌は不特定多数の人が出入りする場所には「必ず」といっても過言ではないぐらい落ちていて、半分以上はまだ生きているのです。

 

人は歩きながらでも皮膚の一部が剥がれおちていますが、そういったものを食べ物にしながら白癬菌は生き延びていますので、ジムや温泉、スパなども白癬菌の温床となります。

 

ただ、そういう施設は清掃や消毒をちゃんとしていますので、その施設で感染するというよりも、一定期間湿った状態にある足拭きマットやヨガマットなど共有部分で掃除と掃除の間隔があいているところです。

 

例えば、柔道や空手などの裸足で行なう屋内スポーツでは、選手たちが集団感染したこともあります。裸足になる銭湯なども白癬菌だらけなので気を付けましょう。
また、家族に水虫・爪水虫の人がいるようであれば、家の中は残念ながら白癬菌だらけです。この様に白癬菌はいたるところに潜んでいるのです。
感染力が強くなくても人に、人から人へ感染を続け、今では日本人の10%は水虫か爪水虫と言われています。

 

白癬菌は、水虫や爪水虫の人が落としたアカの中に潜伏しています。落ちたアカの中でも、環境によっては、白癬菌は数ヶ月~1年以上も生きているそうです!
これを聞いただけでも、家中の除菌をして掃除機をかけたくなりますよね。そして、足の角質層まで白癬菌が入ってきて症状を表すのが足の水虫、爪に入ってきて症状を表すのが爪水虫です。

 

白癬菌は、至る所に潜んでいるので、足に一切付けずに過ごすこと自体が難しいと考えて、家の清掃、自分の清掃を怠らないようにしましょう!

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?