爪水虫の感染予防なら

爪水虫の感染予防なら

爪水虫を感染予防したいなら、たくさんの方法がありますが、その前に感染する経路を確認しておきましょう。
白癬菌は実はどこにでもいるそうなのです。靴の中やバスマットだけではないそうです。

 

でも、床に落ちている確率が高いために、足や爪に感染することが多く、爪水虫や水虫になるそうです。だから感染予防なら足元からというのを覚えておいてくださいね。
つまり、足を清潔に保っていれば、感染しにくいということですね。カビはそんな自力では上まで登って来ることが出来ないそうですよ。では肝心の爪水虫の感染予防についてご紹介します。

 

まず、家に帰ったらすぐに足を洗って、ちゃんとタオルで拭いて乾燥させる。靴下をはくか、自分専用のスリッパをはく。足は出来るだけ乾燥している状態を保つ。家族でスリッパを共有しない。

 

小まめに床掃除をして菌をなくす。ジムや温泉やプールなどで足拭きマットを使わない。これらの方法は最低限だと思ってください。

 

すでに爪水虫になってしまっているかもしれませんが、それでも、爪水虫を治すため、悪化しないため、そして今後なりにくい爪になるために、ぜひ覚えておいて下さい。
まず夜はお風呂で足を洗うと思いますが、それ以外でも、外から帰ったら足を洗う習慣をつけると、家中に白癬菌をばらまくのを防ぐことができますので、家族にうつしたりしません。

 

これならすぐにバスルーツでできますよね。女性ならパンストかタイツをバスルームで抜いて、そのまま足と一緒に洗うのも良いと思います。洗濯機を汚染しません。
湿気は爪水虫が繁殖しやすい環境です。極力乾燥している状態にしておきたいものです。
外で汗をかいて、家に帰ってそのままはまずいですね。足を洗って、十分に乾燥させておきましょう。

 

独り暮らしなら関係ないことですが、家族で住んでいる場合は、スリッパを自分専用のものにしておきましょう。
家族から感染しないためにも、そして、家族に感染させてしまわないためにも。

 

こまめに床掃除をして清潔にしておきましょう。自宅で爪水虫の予防はしているけど、外出先ではあまり考えていないこともあるでしょう。
特に、プール、温泉、ジムなどの足拭きマットです。銭湯にでも行けば、脱衣所と浴室の間に足拭きマットが置いていることも多いでしょう。

 

不特定の人が裸足で踏むわけですし、常に湿気にさらされているわけですから、爪水虫の感染の根源になっている可能性があります。

 

あくまで可能性ではありますが、お風呂やプールから出る時はタオルで足を拭いて、脱衣所に出ればいいだけです。別に手間もかかりません。これは家庭でも同じです。
家族みんな同じマットを使うくらいなら、お風呂場前にマットは置かずに、タオルで足を拭いてから外に出ればいいわけです。
爪水虫になっている人も、感染予防も普通に気を付けることが多いので問題ないと思います。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?