爪水虫の感染源を把握しておけばよかった

爪水虫の感染源を把握しておけばよかった

現在爪水虫の治療を続けている人、病院に通っている人は、なぜこんな簡単に感染する病気を知らなかったのだろう。
爪水虫を甘くみていた。もっと情報(感染源)を知っていたら違っていたかもしれないと嘆いているかも知れません。
でも、治療をしている人はまだいいのです。

 

悪化に向かってないのですから、それよりも、爪水虫について知識のない人が感染源も知らず、感染しているかもしれないのに、家の中で白癬菌をばらまいているかも知れない人が問題です。

 

その人が感染源となって家族全員が爪水虫や水虫になることだってあります。気温や湿度が高くなってくると、水虫になってしまう危険性が増えてしまいます。
皆さんの中にも、爪水虫で苦しんでいるという方はいるのではないでしょうか。

 

この爪水虫という病気は、爪が変色したり、爪が変形したり、筋が入ったり、ぼろぼろと崩れてきたりする人です。
では、どういった原因で感染してしまうのか、感染経路はどうなっているかなどについては理解していないという方もいるかと思います。

 

そこで、今回はこの水虫について、感染経路などを紹介していきます。爪水虫の症状の中には、爪が白く濁ってしまうこともあります。この症状が出てきたら、爪水虫である可能性が考えられます。

 

爪水虫は、表面に光沢がなくなってしまうのが特徴です。爪の質がもろくなってしまったり、他の爪に感染してしまったりなど、厄介な症状があります。

 

先ほども少し触れましたが、爪水虫は白癬菌が足の爪に感染することで発症してしまいます。白癬菌がケラチンを溶かすことで体に侵入し、神経や血管を刺激することで様々な症状を引き起こします。

 

白癬菌とはカビの種類の一つで実はどこにでも普通にいるカビなのです。そこで、重量もそこそこありますので、下に落ちていて、そこから足に感染するのです。
9割近くは足に感染するといわれています。そのため、足に感染しないように気を付ける必要があります。白癬菌は通気性が悪く、かつ高温多湿な状況で繁殖すると言われています。

 

男性の方が感染率は高いようですが、女性でも感染することはあるので油断は禁物です。特に近年の女性はブーツやパンプスを履く人が増えており、白癬菌が繁殖しやすい条件が整った環境になりやすいです。

 

その状態で長時間履くと足が蒸れてしまうため、注意が必要です。つまり、バスマット、スリッパ、タオル、玄関マットなどです。
もう一つはあまり知られていない原因ですが、免疫力の低下です。免疫力が低下してしまうと、水虫に感染してしまう可能性が高くなります。

 

アメリカの統計では、水虫の感染率が高い人に共通しているのが、皮膚の粘膜の免疫力が弱いという点であるということが挙げられました。
皮膚の免疫力が弱いと白癬菌が簡単に内部に侵入できてしまうため、水虫になってしまう確率が上がってしまうのです。=爪水虫にも感染してしまいます。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?