爪水虫に効くカビキラー

爪水虫に効くカビキラー

爪水虫に効くカビキラーとしてネットに体験談のようなものがたくさんあがっていますが、なんとなく失敗?間違えた?

 

というような文言が目立ちます。確かに爪水虫は白癬菌というカビの一種ですから、カビキラー(カビを殺す人・物)という直訳でも間違っていませんし、カビキラーは家の中のカビをきれいに死滅してくれます。

 

確かに、『カビキラー』や『キッチンハイター』の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、白癬菌を殺菌してくれます。
というわけで、爪水虫の白癬菌というカビをカビキラーで死滅させるという案は正しいかもしれません。

 

皮膚の水虫なら効果があるかもしれませんが、爪水虫は爪の中に白癬菌がいるので、爪水虫には効果がありません。
ただ、爪とその周りの皮膚と、バスルームやキッチンのステンレスやトイレの陶器は組織が違うということですね。
一方は有機物(人です。)、一方は無機物です。それは何等かの障害があってもおかしくないと思いますよね。
その例がたくさん見つかりましたのでご紹介します。

 

「患部も含めた皮膚が塩素によって火傷のようにただれてしまい、水虫の治療どころではなくなったそうです。」

 

「塩素は皮膚そのものも破壊してしまうので気をつけないといけません。
白癬菌は退治しても、肌がボロボロになってしまうのでは、意味がありませんよね。」というコメント、ブログ内容でした。

 

 

皮膚の組織を壊してしまうと、そこからまた別の菌が繁殖して化膿したりします。
もう一つは白癬菌がさらに奥に入ることができる身体組織の穴を作ってしまいます。
くれぐれも、カビキラーという名前にだまされないようにしてくださいね。

 

皮膚にも爪にも優しくて白癬菌を退治できる市販薬があるのですから、わざわざカビキラーを使う必要はありません。
民間療法というものは、インターネットで検索すればそれこそ無数に見つけることができますが、眉唾ものであることがほとんどだと思った方が良いでしょう。

 

医学の知識を、お金と時間をかけて勉強した専門医ですら、治療できない病気があるのに、たまたま治療できたケースや経験だけで万病を治療できるほど人体は単純ではないっていうことです。

 

もしも、自宅で爪水虫を治せるいい方法はないか探しているならば、爪水虫に効果のある市販薬があるので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。
ネット上にはティーツリー精油(強力な殺菌、抗菌、抗真菌効果がある)を使ったジェルや、竹酢液という昔から抗菌に使っていた抗菌作用のある液体を主成分とするものなどあります。

 

爪水虫の治療には時間がかかると考え、最初から天然成分を!をと考える場合は、この2つの成分が有効だと思いますよ。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?