爪水虫でもかゆいなら・・

爪水虫でもかゆいなら・・

爪水虫とは、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚に感染することで起こる皮膚疾患です。”水虫” と聞くと、「足の指の間」にかゆい症状が出ると思われがちですが、実は皮膚があるところならどこでも発症します。

 

だから、爪水虫もあるのです。ただし、爪水虫はかゆくありません。かゆいのは神経のあるところだけで、爪のような固いところは神経が通っていないからです。それでもかゆいなら、それは皮膚にも感染している可能性があります。

 

例えば、足趾(そくし:足の指)の間にだけ出ると思い込んでいると、他の部位に症状が出てきた時に治療が遅れたり、適切な治療をおろそかにしがちになってしまいますので、爪水虫で痒い場合には、足全体に白癬菌が感染していると考えて治療をした方がいいと思います。

 

なお、爪、足の裏意外には、指の間とかかとです。ちなみに、白癬菌についてですが、カビの一種で、タンパク質を餌に増殖します。

 

湿気のあるところを好み、大きさが比較的大きく、それなりの質量(重さ)があるため、室内や湿気の高い場所では空気中を漂わずに床や地面に落下します。

 

足の指に水虫の症状がでやすいのは、湿気、タンパク質(柔らかい皮膚)、地面に接しやすい部位、という、白癬菌にとっての好条件が揃っているからなのです。

 

では症状ですが、上で説明した通り、水虫が発症しやすい部位というのはある程度特定できているため、部位別にどの様な症状が出るのか、一つずつ説明していきましょう。

 

指の間にできる「そくし型水虫」では我慢できないほどの強い痒みとかきむしると痛みに変わることもあります。
爪の場合には、変色、変形、筋、凹凸、膿、腫れ、痛みなどです。一番治りにくい足の水虫かも知れませんね。
次にかかとが白癬菌に感染した場合には、白っぽくなったり、皮膚が厚くなったり小さなぶつぶつができることもあります。

 

その他、水泡や痛みなどの症状が出ることや、発酵臭のような独特の臭いが出る場合もありますので、足の臭いが強い人は水虫の疑いもあるでしょう。

 

日本人の5人に1人は水虫を持っているというデータがあるため、プールや銭湯、座敷など “不特定多数の人が裸足で床に触れる場所”には白癬菌がいると考えるのも決して大げさでは無いのです。

 

そして「白癬菌が感染している皮」が、水虫を持っている人間の足や手からポロポロと落ち、それを踏んでしまうと水虫菌がうつります。ただし、水虫菌がうつったからと言って、誰しも水虫を発症するとは限りません。

 

水虫菌は付着した部分から角質層に侵入し、侵入に成功すると次は角質層の「ケラチン」と呼ばれる成分を食べて増殖します。爪にも「ケラチン蛋白」が存在するので、爪水虫の場合もこれをエサとして繁殖します。

 

水虫菌が角質層から侵入するには、2〜3日かかるとの声がありますが、人それぞれの皮膚状態にも左右され、24時間(およそ1日)で侵入してしまう場合が多いです。

 

つまり爪水虫で痒い人は皮膚がはがれ、家族にうつす可能性を高めている可能性がありますので、とにかく各自が清潔にして、スリッパ、靴下、タオル、足拭きマットなどを共有しないようにしましょう。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?