市販薬は爪水虫に効くの?

市販薬は爪水虫に効くの?

爪水虫になる人はだいたい普通の水虫を放っておいた人に多いとされます。

 

でも、病院に行って治療するのは怖い、市販薬でなんとかならないのかなと思う人も多いと思います。

 

でも、水虫の市販薬はまず爪水虫への効果はかなり弱いと思っていいと思います。爪水虫は市販薬の中でも爪水虫専用の薬を購入しなければなりません。
なぜなら、爪に浸透しない水虫薬を塗っても、表面にいる白癬菌というカビの一種がなくなるだけで、爪水虫そのものは完治しません。
そこだけはしっかりと抑えておいてくださいね。

 

爪水虫は爪の中に水虫の原因菌である白癬菌が入り込むことによって発症します。
爪水虫の完治にはこの白癬菌を死滅させる必要があります。爪が生え変わるまで行う必要があるので、1年〜2年程度はかかると思います。

 

本来なら専門の病院に行くのが理想ですが、忙しくて病院に行く時間がなかったり、費用がかかったり、女性なら恥ずかしいとなってしまうこともあるでしょう。
病院に行けないからと言って爪水虫を放置すると、爪がボロボロになってはがれきます。これが爪水虫の重症化ですね。

 

爪がなくなると踏ん張りがきかなくなり、歩くたびに痛みがでることもあります。そして最悪の場合、歩けなくなってしまうケースもあります。
また、爪水虫は家族や友人などにうつしてしまうリスクもありますので、できるだけ早い対策をおすすめします。

 

2014年までは、爪水虫専用の塗り薬はなく、内服薬のみが認可されていましたが、内服薬は副作用で肝臓に影響が出たり、他の薬との飲み合わせが悪く、使用が制限されることがありました。

 

もちろん妊婦や授乳中の女性は内服薬今でもNGです。
その結果、2014年に「クレナフィン」、2016年に「ルコナック」の2つの薬が認可され、使用できるようになったのですが、この塗り薬は少々高いです。

 

約6,000円くらいで、しかも病院の診察で処方箋をもらう必要がありますので、診療代がかかりますよね。

 

長期に渡って治療する必要がある爪水虫は、通院すると時間的にも金銭的にも負担が大きくなります。そこで、いまでは爪水虫を治療する市販薬が販売されています。

 

中には通販だけの「クリアネイルショット」や、市販の「ザンミーラネイル」などです。内服薬に比べれば即効性はありませんが、副作用などもなく、爪水虫の治療が可能です。

 

爪水虫が完治したかどうかというのは、病院に通っていない市販薬を使っている人ならわからないでしょう。その目安として、見た目がキレイになって、しばらく再発しないならば、「完治した」と言ってもいいでしょう。

 

特に爪水虫になりやすい夏を過ぎても再発しなかった場合は、完治したと考えてください。